笑うグラスたち

c0156956_00530306.jpg

[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-27 00:54 | 日々のこと

多肉植物との付き合い

その辺にポロリと放置していても
気がつけば発根していて
芽が出て葉が成長して
もっと成長して花が咲いてしまいました!
土に植えてるわけでも無いのにね~

c0156956_01133195.jpg
多肉植物のマニアでは無いけれど
どんどん増えるところを眺めるのは
それはそれでとっても楽しいと思いますね^^

グラプトペタラムという
個性的なお名前の多肉です。

................................................................

[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-26 01:30 | 日々のこと

ヨーコさんの 5分

NHKのEテレで「ヨーコさんの言葉」が連載されています。
絵本「100万回生きたねこ」の作者
佐野洋子さんのエッセイを
テレビで動画として構成しているのです。
毎回、なるほどと
感心したりクスッと笑えたりするんですが
第34回は深い話でした。
以下、その5分間の内容です・・・

c0156956_23472824.jpg
私の乳がんは女の耳鼻咽喉科の先生が見つけてくれた。「すぐ病院に行きなさい」と言われやっぱりがんだったので 切ってもらった。一週間入院して帰って来て、抗がん剤でツルッパゲになったが、一年は生きていると思われない程 使いものにならないきつい一年で、使いものにならなかったので、寝たきりで韓国ドラマを見ていたら、あごがはずれた。骨に再発した。

「あと何年もちますか」「ホスピスを入れて二年位かな」「いくらかかりますか死ぬまで」「一千万」「抗がん剤はやめて下さい。延命もやめて下さい。なるべく普通の生活ができるようにしてください」「わかりました」

ラッキー、私は自由業で年金がないから 九十まで生きていたらどうしようと セコセコ貯金をしていた。私はその帰りに うちの近所のジャガーの代理店に行って、そこにあったイングリッシュグリーンの車を指して「それ下さい」と云った。乗った瞬間「あー私はこういう男を一生さがして間に合わなかったのだ」と感じた。シートがしっかりと私を守りますと云っている。買って一週間たったらボコボコになっていた。私は車庫いれが下手で うちの車庫は狭いのだ。その上毎日カラスがボンネットの上にふんをする。

私は今何の義務もない。子供は育ち上がり 母も二年前に死んだ。どうしてもやりたい仕事があって死にきれないと思う程、私は仕事が好きではない。二年と云われたら、十数年私を苦しめた ウツ病がほとんど消えた。人間は神秘だ。人生が急に充実してきた。毎日がとても楽しくて仕方ない。死ぬとわかるのは、自由の獲得と同じだと思う。

父は教訓をたれるのが好きだった。「金と命は惜しむな」と、何もわからない子供に云っていた。だから父は貧乏のまま五十歳で死んだ。命は地球より重いと信じない。私も命を惜しみたくない。でも、思う。私は死ぬのは平気だけど、親しい好きな友達には絶対死んで欲しくない。死の意味は 自分の死ではなくて、他人の死なのだ。

人はいい気なものだ。思い出すと恥ずかしくて生きていられない失敗の固まりの様な私でも「私の一生はいい一生だった」と思える。

終わり

......................................................  

[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-22 00:50 | 日々のこと
大きくなり過ぎて
植え替えも困難なブラシの木。
根の負担もあったせいでしょうね
花が数年咲きませんでした。

c0156956_10203594.jpg
機嫌を直したように
今年は次々と咲き揃いました。

薄緑色のつぼみの衣から
折りたたまれたような糸状の花が
しわくちゃのまま現れてくるところが
とってもおもしろい。

宇宙旅行には
いかにコンパクトな形で
物を運ぶか、が難題だそうですが
ブラシの木の開花までのプロセスは
いいヒントになりませんか?

...................................................

[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-20 10:32 | 日々のこと
ものすごい数のレシピの中から
数日前に紹介された
炊飯器を使って作ったチキンの煮込みを選びました。

c0156956_22135944.jpg
「炊飯器で作る手羽元のサムゲタン風」
というのですが
ごはん以外で炊飯器を利用するなんて初めてだし
サムゲタンもしかり。
おもしろそうなのでトライ!

おもちを一個と
大さじ2の米を加えるのが
想像出来なかったのだけど
つまりとろみをつけるんですね。
ホロホロの鶏肉に
とろりとしたスープがからんで
おいしく出来ました~

写真も
クラシル風に^^

..........................................


[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-18 22:39 | 料理
門司港です。
停泊しているタグボートなど眺めていたら
たっぷんたっぷんしている海面に漂うものが・・・

c0156956_23470029.jpg
きゃっ!アカクラゲ、シロクラゲ
いったいどれだけいるの?
しかも、クラゲの他にも
なまこみたいなブヨブヨに
ゲジゲジそっくりのスゴイ数の足のイキモノが・・・

海面を覗いていたら
今にも海に引きずり込まれそうな気がして
思わず後ずさりしてしまいました!

海上保安庁の船影には
小さなボラの稚魚がこちらもいっぱい!

c0156956_00012211.jpg

釣り人が捨てていったえさを
スズメがせわしくついばんでいます。
二羽のヒナの食事に。

c0156956_00075256.jpg
海にも陸にも
いきものがいっぱい。
偶然にも夜のテレビで
アカクラゲが登場。
その触手には毒が仕込まれていて
触れれば呼吸困難に陥るという
恐ろしい話でした。

美しい海や優雅な船を眺めているくらいが
やはり幸せ。
ヤレヤレ
怪しいいきものはご免だなー


.................................................

[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-17 00:47 | 町歩き
フランスのクルーズ船ロストラルが
門司港に寄港。
ヨット型客船だそうです。
c0156956_11383736.jpg
斜めの煙突一対
白と黒の船体に赤い救命ボートが特徴ね。

c0156956_11433568.jpg
歓迎セレモニーで
日常では絶対拾えない音楽が流れて苦笑。
♪~のざき参りは 屋形船で 参ろう~♪
日本舞踊が披露されてました。

1万トンのロストラル
巨大な豪華客船とは比較にならないけれど
スマートな船体は晴れ渡った海峡に
よく似合っていました。

c0156956_12431642.jpg
出航にはタグボートが寄り添っていますが
強い波もたたず
この船には、全く必要なかったようです。

あっと言う間に南へ進行。

前日の
ドイツのクルーズ船ブレーメンには
会えなかったけれど
久々にスカッと晴れた海を眺められて
わたしも気分が晴れました。

......................................................

[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-15 12:45 | 町歩き
頭の中でぐるぐると駆け巡っているイメージが
そのまま絵になってる6才の作品。
マットはコミックバットマンの記事に
アクリル絵の具をペタペタ塗って
使ってみました。

c0156956_23413549.jpg


次男の息子は
最近、恐竜に夢中です。
しかし、恐竜がどの位デカイのか
まだまだ考えは及ばないでしょう。

シンゴジラを映像で見た後
心配してました。
あのモノレールの向こうから
シンゴジラがやって来たら
ぼくはどうしたらいいんだろう・・・

幼い頃、思い描くことを
形にして
大切にとって置いてあげたいな、と思いますネ。

.............................................................



[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-14 00:03 | 手作り

バラ園にて

花びらの微妙な色合いに
すっかり魅せられてしまいました!
ディスタントドラムスというバラです。
名前もカッコイイね!

c0156956_22323751.jpg


デパートのバラ園へ行ってみました。
まわりには、濃厚な赤やピンクのバラが
次々と咲き始めているんだけど
結局、お気に入りのバラは
この色合いです。

まだ、硬いつぼみもいっぱいあって
それはそれで期待感もあって
楽しめました。

以前、まだわたしの視力ももう少し安定していたころは
ボタニカルアートに意欲を燃やして
いろいろな花を描いていましたが
それでもバラの花は例外。

美しすぎて描く気がしない、といったところでしょうか。
見つめてウットリ・・・
わたしの中では
バラの花は写真の世界で楽しみたい植物なんですね~

一目で気に入った
アメリカのバラ、ディスタントドラムス
プロのカメラマンさん
どんなふうにスマートに撮るんでしょうか。


.............................................................



[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-09 23:23 | 町歩き

青菜のこと

めずらしい青菜です。
アスパラ菜というそうです。

c0156956_23493553.jpg

黄色い花が菜の花そっくり。
花びらが4枚で十字花植物(って、中学の理科で習ったような?)
同じナバナの一種ですね。
クセも無く柔らかい野菜です。

知らない野菜がいろいろ出回り
面白いですねー

青菜といえば
古典落語にもありました、「青菜」
わたしは落語に詳しいわけではないのですが
以前、落語の本を読んでいて
さわやかな内容がとても気に入って
葉野菜を見るとよく思い出します。
話のテーマは
上品なご隠居さんの振る舞いに
ものすごく感動してしまった
長屋住まいの植木屋の話です。

でも、わたしはこの話では
前半のほうで、植木屋さんが
仕事の合間に、縁側で鯉こくをごちそうになる場面が
とても気に入っているのです。

夏の暑い中に、ちりりと冷えた鯉こくを
うっまそう!に食べるあたりが
気持ちよく涼しげな様子で
思わずこちらが
ごくり!とつばを飲んでしまいそう・・・

流れはご隠居さんの
「おい!青菜もついでに持ってきておくれ!」
と、おもしろくなっていくのですが・・・
このあたりがとてもさわやかで
そんなところを、噺家さんがどんなふうに
表現するのかなって想像してみたりします。

落語の青菜は
どうやら春菊などのおひたしみたいなものらしいけど
わたしのイメージは
鯉こくのあとの香り豊かな高菜の新漬け!
これって主婦っぽいでしょうか?^^

いずれにせよ
暑くなってきたので
さっぱりとした青菜
いただきましょうよ!

......................................................





[PR]
# by youko-pepper | 2017-05-07 01:24 | 絵を描く・版画・コラージュ